スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2011.01.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

つけまつげの

 つけまつげの始まりはやはり舞台女優が顔を暗い照明の中から際立たせるために、つけたのがはじまりではないでしょうか。
過剰で美しいつけまつげをつけている他の人物と言えば、ゲイバーのショーパブのダンサーもそうですね。
最近ではそうでもないようなのですが、日本人女優が海外を舞台にした演劇を行うときも舞台では派手なつけまつげをつけていました。
舞台に出るときは女優もバレリーナも架空の人物になりきらなければなりませんから、その人物になるためのパスポートがつけまつげなのかもしれません。
実際に舞台で使う、つけまつげを普段のメイクでつけてしまったなら、非常におかしな顔になってしまいますが、舞台の上では自然です。
そうなると舞台に上る場合には、つけまつげは「役柄」のためにしっかりとつけていることが条件だったのかもしれません。
それだけ舞台に上る人物はつけまつげによって、華やかな美しい存在にならなければならなかったのです。
舞台では女優はどんな役柄であっても華がなければなりませんから、そこでつけまつげは活躍したのでしょう。
ある人が宝塚歌劇団の舞台を「現実の人間が行っている少女マンガ」といいましたが、たしかに少女マンガの人物もつけまつげをしているような目で描かれています。
異空間である舞台に立って、役柄に入り込むためには、あの少々滑稽でもあるふさふさとした過剰なつけまつげは重要なのです。
まさに舞台で逆につけまつげをつけなかったとしたのであれば、違和感を持ってしまい、その舞台の世界に入り込めないかもしれません。
たしかに舞台で繰り広げられる世界は現実ではないですから、過剰なつけまつげをつけていても違和感がありません。

つけまつげをつけて舞台に立つことは、自分が異空間の人間になったことを表す記号かもしれません。
やはり舞台で踊るバレリーナもかなり分厚いつけまつげをつけて踊りますし、宝塚歌劇団でもしっかりとつけています。

 

 

血圧を下げる方法
インフルエンザ@流行時期
よか石鹸



加齢臭。。

 加齢臭。。聞いたことはあった。

まさか自分が気にするとは。。。

今のところは大丈夫!多分。。おそらく。。。

年下の上司がくさいのだ。みんなもわかっている。

我輩も気をつけたいと思う今日この頃だ。

Introduction マシュウソープ


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座